不動産担保ローン 審査 通りやすい

不動産担保ローン 審査通りやすい

  1. 不動産担保ローンとは|審査の通りやすさなどポイントをご紹介
  2. 不動産投資ローンの審査が通りやすい不動産担保ローンとは
  3. 不動産担保ローンの審査落ちするポイント|審査が通る為の参考に
  4. 銀行の不動産投資ローンは魅力がいっぱい|審査が通りやすい不動産投資ローン
  5. 不動産投資ローンの審査を通りやすくする為の疑問解決ポイント

 

不動産担保ローンとは|審査の通りやすさなどポイントをご紹介

不動産担保ローンというのは、わかりにくい傾向があります。
このページでは、不動産担保ローンの仕組みなどをわかりやすくご紹介していきます。

 

不動産ローンとは

不動産ローンとは、自分が持って不動産を担保にして有利にローンを組むことが出来る融資方法です。
不動産ローンは不動産という大きな担保があるので、一般的なローンより有利に組むことが出来ると人気があります。
大きな担保がある前提でのローンですので、低い金利でご利用する事が可能となります。
また、担保の不動産の価値によっては、多額の融資を受ける事が出来るローンです。

 

不動産ローンの融資金額の決まり方

不動産担保ローンの融資額は、不動産の価値により決まります。
不動産の価値を、金融側と保証会社によって審査を行い、希望金額の融資をするだけの価値が不動産にあるのかを見定めます。
審査され見定められた金額の、70%程度が融資金額として支払われる場合が大半です。
融資希望額よりも担保不動産の価値が低い場合は、ローンが通らない場合があります。
逆に、予想以上に不動産に価値が付いた場合は、それ以上の金額を融資してもらえる事も可能となります。
ここで勘違いしがちなのが、不動産を購入した金額と不動産の価値は同等ではないという
事です。
不動産というのは日々価値が変化するので、融資の審査を受ける際にはその時点での不動産価値が付きます。
その為、購入した金額より低い場合もあり、逆に購入した金額よりも高い査定となる場合もあります。

 

不動産ローンのデメリット

不動産ローンのデメリットは、不動産を担保にして融資をしているローンの為、返済が戸床ってしまった場合担保にしていた不動産を引き渡さなくてはならなくなってしまう事です。
更に、返済が滞ったタイミングに担保の不動産の価値が低くなる可能性が高く、借り入れた金額よりも下がっている場合は差額が残金となってしまい別途支払わなくてはいけない場合があります。
不動産の価値が当初より低くなってしまう担保割れはありますので、高額な金額を借入れする事は控えるようにしましょう。

 

不動産担保ローンは審査が通りやすいのか

不動産担保ローンは、不動産を担保にして借りるローンですので、一般的に審査が通りやすいと言われております。
しかしそれは、借入希望額より融資審査額が高い場合に限ります。
借入希望額より融資審査額が低い場合は、審査が通りません。

 

審査に通りやすい不動産担保ローンは良いのか

不動産担保ローンの中には、審査が通りやすくて有名なローンもあります。
確実に融資してほしいので飛びつきたくなってしまいますが、このような不動産担保ローンには飛びついてはいけません。
その理由は、審査に通りやすいという部分に落とし穴がある可能性が高いからです。
審査が通りやすい不動産担保ローンは、貸し付け条件が厳しい場合が大半です。
多くは金利が高く、多くの費用が掛かってしまうパターンです。
融資を受ける場合は、少しでも貸し付け条件が良く少ない金利でご利用する事が鉄則です。
この様な不動産担保ローンは、不動産担保ローンを専門に行っていない場合も多く、多額な手数料を取る場合が多いので、オススメできません。

 

オススメの不動産投資ローンのプランとは

おすすめの不動産投資ローン形態は、返済期間を長くしない事がポイントとなります。
それは大きな金利が借入金額にかかっていきますので、お安い金利であっても長期にわたってご利用する事で多額の金利を支払う事となってしまうからです。
不動産担保ローンの理想的な返済期間は、長くても10年程度のプランをオススメします。
ローンは長期にわたって支払っていく事が定番となっておりますが、安全に快適に支払いをしていく為には、長期であっても出来るだけ短い期間で借入れをする事が理想となります。
よくある事といえば、人生の後半で何らかの事情により返済が出来なくなってしまい、担保の不動産を失ってしまうパターンです。
人生の後半というのは病気や退職など、何があるかわかりませんので、長期渡って借り入れを行うという事は大変危険な事といえます。
人生後半の人生設計までもしっかり見極め、返済期間を考えるようにしましょう。

 

不動産担保ローンのベストの企業とは

不動産担保ローンの企業は、不動産担保ローン専門の企業に依頼するようにする事が望ましいです。
不動産担保ローンは様々な企業で行っておりますが、不動産担保ローン専門の企業にお願いする事で専門的な相談やサポートまでしっかり行ってくれますので、非常に安心してご利用する事が出来ます。
不動産担保ローンを専門に行っていない企業の場合、専門的な細かい部分まで熟知していない場合がありますので、困ってしまった場合対処が厳しくなってしまう事があります。
お金が絡むローンですので、頼りにできる専門的な不動産投資ローン会社にローンの依頼を行うようにしましょう。

 

▲メニューに戻る

不動産投資ローンの審査が通りやすい不動産担保ローンとは

不動産投資ローンの審査は、どこでも同じではありません。
審査が通りやすい企業と、そうじゃない企業があります。
このページでは、不動産投資ローンの審査が通りやすい企業をピックアップし、詳しくご紹介していきます。

 

大きな融資が通りやすいのは大手以外の不動産ローン

不動産投資ローンは、大手の不動産投資ローンの企業となると審査が厳しくなってしまう傾向があります。
大きな融資をスムーズに受ける為には、大手ではない不動産投資ローン会社に依頼すると融資が通りやすい傾向があります。
また、大手ではない不動産投資ローンの場合、他の企業では担保とならないような不動産担保でも査定してくれる企業が多くあり、審査の仕方が柔軟な傾向があります。

 

不動産事業を全般に行っている企業は審査が通りやすい

不動産事業を行っている企業に、不動産投資ローンを行っている企業が多くあります。
その理由は、不動産事業を行っているので、不動産投資ローンの知識に長けており、柔軟な不動産投資ローンの査定を行ってもらう事が出来るからです。
銀行の金利に負けない低金利での融資を受ける事が出来る企業もあり、大変お得に不動産投資ローンを受ける事が出来ます。
一般的な不動産投資ローンの業者にお断りされた場合でも、不動産事業を行っている企業の不動産投資ローンは通りやすい傾向があります。
最短で1日で融資を受ける事が出来た不動産投資ローンもあり、審査が早いのも大きな魅力といえます。

 

審査が通らない方でも快く対応してくれる日宝

日宝は実績豊富な不動産投資ローン会社であり、他では審査が通らなかった方でも借入が出来たと評判が高い不動産投資ローン企業です。
日宝は創立30年以上の企業であり、資金使途自由ですので楽に審査を受ける事が出来ると評判が高いです。
不動産次第では大口融資とする事も出来、最大で5億円物融資対応となっております。
実質年率は4.0〜9.9%ですので、ご利用しやすい金利も魅力の1つです。
融資のお申し込みは電話となり、早めの審査となるので時間もかかりません。

 

不動産担保ローンの専門アドバイザーが力になる日本保証

日本保証は、不動産担保ローンの専門家がアドバイスをしてくれるので、専門的に忠実に不動産担保ローンを受ける事が出来ます。
1人1人の不動産価値を評価し、それに似合った資金を融資してくれます。
事業者向けの不動産担保ローンは低金利で設定されておりますので、事業資金の足しにする等ご利用されている事業者が大変多くあります。
返済期間は最長20年の設定が出来、長期ローンも可能ですので、多くの融資が必要な方にも大変重宝する不動産投資ローンです。

 

ネットから受付が可能なジェイエフシー

ジェイエフシーは、お申込みをネットから24時間受け付けている不動産投資ローン会社です。
個人をはじめ、個人事業主や法人でも融資が可能であり、柔軟な対応をしてもらえます。
融資スピードが早いのも大きな魅力であり、3日から1週間程度の速さで受ける事が出来ます。
銀行では難しかった融資案件でも、ジェイエフシーは柔軟に対応してくれます。
他社借入中や住宅ローン返済中でも、ご利用が出来ます。

 

短い期間でスッキリご利用出来る中央リテール

中央リテールは、返済期間が最高10年であり、短い期間でスッキリ返済できる不動産投資ローンとして人気のある不動産投資ローン会社です。
融資金額は100〜3,000万円までが最大設定であり、年率8.2〜9.8%となっております。
融資金額に上限があり返済期間も最大10年と短いですが、縛りが無く快適にご利用が出来ると大変人気があります。
審査まで最短2時間と早く、ご融資まで最短1日とスピード融資を受ける事が出来ます。

 

多彩なプランがあるつばさコーポレーション

つばさコーポレーションは、不動産担保ローンに様々なプランがあり、様々なパターンから理想の不動産投資ローンを受ける事が出来ます。
個人法人問わずご利用が可能ですので、どなたでも融資を受ける対象となります。
お客様に似合った最適なプランをご提示いただけますので、不動産投資ローンに詳しくない方でも柔軟にご利用いただく事が出来ます。

 

総合マネージメントサービス

不動産投資ローンを主に取り扱っている企業であり、億区悪様の資産のアk津用方法に合わせて1番のサービスを提供してくれます。
資金使途は自由であり、融資金額は最大5億円まで対応できます。
当日融資も可能であり、3,000万円まで対応が可能ですので、すぐ融資が必要な方でも重宝する不動産投資ローンです。
実質年率は3.4〜9.8%であり、返済期間は最長35年とゆっくりご利用する事も可能となります。

 

大口融資が可能なエムアールエフ

エムアールエフは、大口融資が可能な不動産投資ローンであり、最大3億円の融資が可能です。
実質年率4.0〜9.9%ですので、低金利でご利用出来る所も大きな魅力です。
複数の借入をまとめる事が出来る最長20年の返済プランもあり、様々な融資プランを提供してくれます。
事業を行う方や運転資金に回したい方等、ご利用される方の目的は様々です。

 

▲メニューに戻る

不動産担保ローンの審査落ちするポイント|審査が通る為の参考に

不動産投資ローンは審査が通りやすい融資ですが、審査が通らない場合があります。
不動産投資ローンがきちんと通る為の参考に、審査に落ちてしまうパターンを把握しておくようにしましょう。
不動産担保ローンの審査で落ちてしまうパターンを、ご紹介致します。

 

不動産投資物件の記載方法を間違える

不動産投資物件は曖昧に覚えている傾向があり、担保にする不動産物件に対し記憶で記載してしまう傾向があり、漢字や文字の間違え等により審査が通らない事があります。
よくある事といえば、不動産の漢字表記が旧漢字で登録していた場合に、旧漢字に忠実に記載しない事で表記を間違ってしまう事です。
間違えて書いてしまう事は虚偽の申請と受け取られてしまい、担保となる不動産の状態が曖昧となってしまいますので審査が通らなくなってしまいます。

 

他に借入が多く審査が通らない

不動産投資ローンの企業にもよりますが、他の借入が多い場合審査が通らない場合があります。
一般的に住宅ローンや車のローンなどが合っても審査は通る傾向がありますが、それ以上にカードローンの借入が多すぎる等ローンに関してあまりにも借入が多い場合等は、審査が通らない場合があります。

 

税金が未納

不動産投資ローンの審査は、税金の支払いもチェックされます。
税金を未納している方には支払い能力が無いとみなされ、審査は通りません。
未納の税金がある場合は全て納付した後に、不動産投資ローンを受けるようにしましょう。

 

収入に対して適した借入金額ではない

ローンの返済は、収入に対して返済能力があるのかを求められます。
その為、年収と借入金額のバランスが伴っていない場合は、審査に落ちてしまいます。
例えば、年収200万程度で1,000万円の融資となると、年収と借入金額のバランスが伴っていないので審査には通りません。
年収に対しどれ位の借入れが可能なのかは業者に問い合わせると教えてくれますので、それらを踏まえて融資希望金額を決めると良いでしょう。

 

勤続年数が短い

勤続年数は信用問題に比例し、短い場合は信用に欠けます。
また、2年働いて止めて3年働いて止めて等、断続的な勤続形態の場合も、支払い能力が無いとみなされ審査が通らない場合があります。

 

破産や任意手続きを行っている

自己破産や任意手続きを行っている方は、支払い能力が無いとみなされてしまいます。
破産手続きが任意手続きの場合、ブラック情報として10年間信用機関に残ってしまいます。
信用機関に情報が残っている期間は、審査落ちしてしまいます。
不動産担保ローンをご利用する場合は、信用機関に情報が残らなくなってからご利用する事をおすすめします。

 

二重担保の場合

担保が二重となっている場合、その担保での審査は通りません。
よくあるパターンといえば、住宅ローンに不動産担保を設定している事です。
1つの担保に1つのローンしか対応できませんので、不動産担保ローンをご利用の場合は使う担保が他のローンの担保となっていないかを確かめてから設定をして申し込むようにしましょう。

 

このように、不動産投資ローンの審査が通らなかった方は、これらの理由となっております。不動産投資ローン会社の中には、これらの一般的に審査が通らない内容でも通りやすい不動産投資ローンもあります。
しかし、そのような不動産投資ローンの会社の場合、借り入れ条件が厳しい場合があります。
金利が高かったり様々な難点がある場合が多いので、一般的な審査が通らない場合でも融資が可能な不動産投資ローンのご利用は、慎重に考えて進める事をオススメします。

 

▲メニューに戻る

銀行の不動産投資ローンは魅力がいっぱい|審査が通りやすい不動産投資ローン

不動産投資ローンには、銀行系の不動産投資ローンもございます。
銀行融資という安心感から、目を向ける方も多いのではないでしょうか。
銀行の不動産投資ローンの魅力など、特徴をくわしくご紹介致します。

 

銀行の不動産投資ローンのメリット

不動産投資ローン会社を使わずに銀行の不動産投資ローンを使う事は、これらのメリットがあります。

 

金利が低い

銀行の不動産投資ローンの場合、金融機関ならではの金利の低さが最大のメリットとなります。
不動産投資ローンの場合長期にわたって借り入れを行いますので、金利の低さは想像以上に返済額の差を生みます。
銀行の不動産投資ローンの場合、一定の条件をクリアする事で金利が引き下げになるプランもあり、一般的な不動産投資ローンと比べるととてもお得にご利用する事が出来ます。

 

返済期間の長さや返済方法に柔軟性がある

銀行の不動産投資ローンの場合、金利が低いので返済期間が長くても苦にならず、快適に支払い続ける事が出来ます。
また、ボーナス払いも可能となり、繰り上げ返済が可能など、返済方法に柔軟性があるのも大きな魅力となります。

 

使途自由

銀行のローンは使途がかなり制限される場合が多くありますが、不動産投資ローンの場合は不動産担保が前提での融資ですので、使途自由で借入が可能となります。

 

お使いの銀行の不動産担保ローンなら審査が通りやすい場合も

お使いの銀行の不動産投資ローンをご利用になる場合は、審査が通りやすい傾向があります。
銀行のローンはどれも審査が通りにくいイメージがありますが、不動産投資担保ローンの場合不動産担保がある前提での融資ですので、比較的に審査が通りやすい傾向があります。
仮審査は無料で行っている銀行も多いので、気軽にご相談が出来るのも大きなメリットとなります。

 

銀行の不動産投資ローンの審査とは

銀行の不動産投資ローンの審査は、これらの2つのポイントで審査査定を行われます。

 

その1 本人の支払い能力

銀行の不動産投資ローンの審査は、本人に支払い能力があるかどうかが問われます。
銀行の場合不動産投資ローンの場合、支払いが滞った際に担保の不動産で回収するという考えではなく、あくまでも借りた本人の現金返済が必要となります。
その為、不動産担保のローンであっても本人の支払い能力が1番の重要ポイントとなり、返済可能な収入があるか否かが大前提となります。
銀行の不動産担保ローンの場合、当人の支払い能力を問われる部分は、他の銀行ローンの審査と変わりません。
また、不動産投資ローンは融資金額が大きい場合が大半ですので、住宅ローンと同様に返済期間が長くなる傾向があります。
返済可能な収入の他に、安定した収入環境も審査に問われます。

 

その2 担保不動産の価値

銀行の不動産投資ローンのもう1つの融資ポイントは、不動産の価値です。
融資希望金額により担保の審査の結果は左右され、担保の評価によっては融資希望金額よりずっと低い金額の融資金額となってしまう事もあります。
不動産担保は、経年や立地条件等様々な観点から評価され、どの程度までの担保価値があるのかが判断された後に融資可能の有無を判断されます。

 

銀行の不動産投資ローンの手数料

銀行の不動産投資ローンは担保にする不動産の調査を行う為、借入額の他にその調査に費用がかかります。
不動産調査料という名目の費用となり、金額は各銀行により異なります。
その他、事務手数料がかかり、融資額の金額に比例して設定されます。
融資額が高ければ高い程事務手数料が高くなりますので、きちんと把握しておくようにしましょう。
また、建物の場合は火災保険加入の有無や不動産の抵当権設定に対する司法書士費用等がかかります。

 

銀行の不動産投資ローンはどのような方がご利用されているのか

銀行の不動産投資ローンは使途自由ですので、様々な使用目的の方がいらっしゃいます。
子どもの教育資金やご自宅のリフォーム資金、医療費の調達などにご利用されている方が多くいらっしゃいます。

 

銀行の不動産投資ローンの返済方法

銀行の不動産投資ローンの返済方法は、各銀行により異なります。
多くの銀行では、元利均等返済方式を採用しております。
毎月決められた日に、銀行引き落としをするパターンとなっております。
毎月返済に加えて、ボーナスなどの特定の時期に返済額を増やす事も可能です。
ボーナス併用にする事で返済期間が短くなるので、最終的な総返済額を少なく抑える事が可能となります。
繰り上げ返済も可能ですので、多く収入を得た時期に多く返済する等も可能となります。
繰り上げ返済の場合は多少の手数料が取られてしまいますので、注意しておきましょう。
また。返済期間は一般的に20年程度の設定の銀行が大半です。
借入期間を長く設定できますが、どれ位の期間での返済が将来的なライフプランに影響せずに可能なのかをよく検討し、返済計画を行っていくようにしましょう。

 

銀行の不動産投資ローンの比較ポイント

銀行の不動産投資ローンを選ぶ際は、これらのっポイントを踏まえて選ぶようにすると失敗がありません。

 

金利の安さ

20年等長く借入れを行う為には、当然金利が低い事が大きなポイントとなります。
また、銀行によっては様々なシチュエーションで低い金利を受ける事が出来ますので、細かい部分まで比較して金利が優遇されている銀行の不動産投資ローンを選ぶようにしましょう。

 

返済期間や方法の柔軟さ

返済期間が長い商品や融通の利く返済方法がある銀行の不動産投資ローンは、返済をスムーズに行う事が出来る為の大きな要素となります。
ボーナス時にまとめて返済が出来る繰り上げ返済を行っている銀行は、まとめて返済が出来る事で利息分を少なくし返済期間を短くさせる事が出来るので、オススメです。

 

審査が通りやすい

銀行によっては審査の通り安さに違いがありますので、審査が通りやすい銀行を選ぶようにする事も大きなポイントとなります。
ネットでお申し込みが出来る銀行も多くあり、公式サイトにて審査の通り安さ等を確認する事が出来るので、色々調べて検討してみると良いでしょう。

 

▲メニューに戻る

不動産投資ローンの審査を通りやすくする為の疑問解決ポイント

不動産投資ローンの審査を通りやすくする為には、様々な疑問を解決する事が大事となります。
不動産投資ローンのわかりにくい疑問を、わかりやすく詳しくご紹介致します。

 

住宅ローン返済中の建物も担保と出来るのか

一般的にローン返済中の建物を担保にする事が出来ませんが、申し込む不動産投資ローンの条件が「第二抵当権以下でもOK」の場合は、住宅ローン返済中の物件でも担保とする事が可能となります。
不動産の抵当権には順位付けがあり、第一抵当権、第二抵当権、第三抵当権など順番が付けられております。
不動案を売却した際は、第一抵当権から順番に債務を回収権利があります。
担保にする不動産は、第一抵当権の不動産を担保とする事が条件の場合が殆どです。
しかし、不動産投資ローンの中には第二抵当権以下でも申し込みが可能なローンもございますので、調べてみると良いでしょう。
住宅ローンで有名な住信SBIネット銀行の不動産投資ローンの場合、第二抵当権でも融資可能となっております。

 

ノンバンク不動産投資ローンの審査は通りやすいのか

ノンバンクの不動産投資ローンは審査が通りやすいですが、金利が高いのが難点といえます。
ノンバンクが預金業務を行わない代わりに利息で収入を得ている銀行ですので、金利が高
く取られてしまいます。
一般的な銀行の場合10%以下の金利設定となっておりますが、ノンバンクの場合は10%以上の金利の場合が大半です。
審査が通りやすい分大きな金利となってしまいますので、十分な検討で選ぶようにしましょう。

 

申し込みに年齢制限はあるのか

不動産投資ローンの場合、一般的な年齢制限は20〜60歳(若しくは69歳)の設定が多くあります。
この年齢設定は、80歳前後にローン完済年齢を設定しており、逆算して60歳までとしている不動産業者が多くあります。
年齢の上限はその不動産投資ローンによって異なりますので、年齢を増している方は事前に問い合わせておくと良いでしょう。
業者のホームページをチェックすると、必ず記載があります。

 

最短の返済期間とは

ほとんどの不動産投資ローンにて最短返済期間を決めており、1か月という設定が大半となっております。
不動産投資ローンは長期的に借り入れをするケースが多くありますが、つなぎ融資の為に短期間で借入れされる方も少なくありません。
1年で借りて金銭的に余裕が出来たら、繰り上げ返済で早期返済される方も多くいらっしゃいます。

 

他人に貸している不動産を担保にする事は出来るのか

不動産を貸している条件により担保に出来る可能性もありますので、不動産投資ローンの業者に問い合わせてみると良いでしょう。
また、親族が持っている不動産を担保にする場合は、その親族が理解出来る場合に限り担保にする事が出来ます。

 

古い建物でも担保とする事が出来るのか

担保は、立地条件、規模、管理状況を審査されますが、古い建物であっても担保として設定する事はほぼ可能といえます。
しかし、その場合不動産担保の価値が低くなってしまう事がありますので、多くの融資を望む事が出来ない場合があります。

 

担保にしたい物件が地方にある場合でも担保とする事が出来るのか

ほとんどの不動産投資ローンの場合、全国に有働さんが融資対象となります。
その為、お住まいの市町村じゃない遠くにある不動産物件であっても、担保設定は可能となります。

 

サラリーマンを辞めて事業を行う場合融資は可能なのか

サラリーマンを辞めて会社員ではなくなったという事となりますが、新規事業の計画に無理が無い場合は融資の対象となる事が大半です。
その不動産投資ローンの業者によりますので、まずはご相談をして可能なのかどうかを確かめてみると良いでしょう。

 

自営業で決算の内容が良くなくても融資は可能なのか

不動産投資ローンは、お客様の申し込みに基づいた併産財源と担保が評価となるので、返済財源が今後十分確保できる場合は、融資が可能になる確率が高くなります。
不動産投資ローン業者により捉え方が変わるので、事前にご相談をしてみると良いでしょう。

 

返済が出来なくなったらどうなるのか

不動産投資ローンの返済が出来なくなえると、担保にしていた不動産の所有権を失います。
担保とした不動産物件は競売にかけられてしまい、売却金額が返済金に充てられます。
不動産投資ローンの担保不動産は、実勢価格よりも数段低い金額で売却されてしまう事が大半であり、残りの融資金を競売代金だけでまかなう事が出来ない事が多くあります。
その場合、ローン会社の債権となり残金を本人に請求します。
実際問題、残りの融資金を一括で支払う事は不可能なため、話し合いをする事で返済条件のローンに組み替えてもらい支払を続ける形が大半です。

 

 

これらの疑問を把握しておくと、審査が通りやすい不動産投資ローンとする事が出来ます。

 

不動産投資ローンはわからない事がいっぱいありますので、事前に疑問をしっかり解決しておく事で間違いのない不動産投資ローンへと導く事が出来ます。

 

▲メニューに戻る