不動産担保ローン 専門業者 審査に通りやすい 

不動産担保ローン専門業者は審査に通りやすい? 

どうしてもお金を借りたいときに、消費者金融などを利用する機会は多いことでしょう。

融資額が少額であったり、銀行カードローンなどで数万円程度をATMで借りられるのであれば問題はないのですが、もう数百万円など大きな単位の融資の場合は、消費者金融身も銀行カードローンも借入限度額を大きく超えてしまうことになります。

 

そこで、不動産がある方なら、不動産担保ローンを考えてみてください。
消費者金融や銀行カードローンは無担保ローンです。
担保がない代わりに、自分の収入に応じた借入額が決まるのですが、限度額が大きくとされる銀行カードローンでも数百万円です。
それでも十分に高いのですが、数百万円の限度額の方は、1000万円以上の収入がある方に限定されます。
これも担保があれば、条件は変わります。
無担保ローンは、収入が担保とされるのですが、不動産担保はもっと高い評価額から借入額が変わることから、無担保ローンとはまったく違う条件での借り入れができます。

 

例えば、年収300万円の方であっても、1億円の評価額の不動産をお持ちなら、何千万円という借り入れが不動産担保ローンで実現することになります。
不動産担保ローンは、銀行や不動産担保ローン専門業者などから借り入れができますが、審査があります。

 

不動産そのものの評価が高いとしても、収入の高さもある程度考慮されることから、収入は高ければ高いほど有利ですが、消費者金融や銀行カードローンよりも高い融資額の獲得はできることが多いです。
また、消費者金融などで借り入れができないブラックリストの方でも、不動産担保ローンの利用ができます。
これは、審査に過程で、「返済できないとしても担保が存在」することが大きく関係しています。

 

そして、銀行よりも不動産担保ローン専門業者の方が審査は通りやすいとされています。
もちろん不動産を手放すことは念頭になく、完済をする見込みでの融資の申込になりますが、一応不動産担保ローンに契約をした場合は、不動産が亡くなる覚悟だけはしておいたほうが良いでしょう。
大口融資にも対応している専門業者などでは、比較的柔軟な審査となっていますが、通りやすい分金利の高さは受け入れるしかない部分です。
1%程度の差があったとしても、高額な不動産で、返済期間が長くなるほど、少しつらい返済になってしまいます。
ですが、どうしても必要な資金調達には、通りやすい専門業者での不動産担保ローンがおすすめです。