不動産担保ローン 融資額 まとめローン ススメ

不動産担保ローンの融資額とまとめローンのススメ

不動産担保ローンの審査が通りやすいとされる専門業者の融資額が少ないとおっしゃる方もいます。

評価額の7割程度と言ったよね?それにしては少ないんじゃない?
そんな不満を漏らす方もいます。
不動産担保ローンは、各銀行や不動産担保ローン専門業者などで取り扱うローンですが、融資額と審査の違いは大きいです。
一般的に、銀行の方が厳しいのですが、どちらも評価額の7割程度が一応のラインとされています。

 

融資に対する評価額。
これは、市場のものではないことが多く、その金融機関独自に算出したものを仕様します。
ですから、1000万円の評価額の不動産の場合、
A銀行 700万円
B専門業者 800万円
とここから評価額が変わることが多いです。
そして、銀行の方が低い可能性が大きいのです。
実際の融資額はというと、
A銀行 490万円
B専門業者 560万円
になります。

 

自分の不動産の一般の評価額が1000万円に対して、不動産担保ローンが500万円前後。
これが、相場とされています。
この上、諸経費がかかり、それも差し引いた金額の場合、450万円〜500万円の融資になります。
返済は、これに利息が付きますから、それ以上になるのです。

 

案外と、不動産担保ローンの盲点として、1000万円の評価額では1000万円の借り入れができると思いこんでいる方が多いのですが、実は半分程度が妥当だというのは上記のような理由からなのです。
100万円の不動産では、50万円程度、これが不動産担保ローンのからくりです。

 

それでも、審査が通りやすい専門業者の場合、ある程度の年収の審査はありますが、銀行や不動産担保ローン、各消費者金融などのカードローンと比較をしてもそれほど厳しくないのです。
返済期間が長く、カードローンの利息よりずっと低いのも特徴です。

 

基準金利がもともと低いことで、多重債務のまとめローンとして利用する方もいます。
その場合、不動産担保ローンにまとめローンであることの理由を話すことで、より審査が通りやすいとも言われています。
これは、不動産担保ローンが多重債務の一つではなく、他の債務がなくなることで、不動産担保ローンの返済がより確実になる保証ができるからです。
実際、この方法ですと、多重債務の返済よりも不動産担保ローン1本の返済の方が負担は小さくなります。

 

融資額については、少しがっかりしてしまう不動産担保ローンですが、それほど甘くはないのですが、消費者金融や銀行カードローンよりも審査は通りやすく、金利も低いことを考えると、利用価値は大きいといえます。