不動産担保ローン 銀行 審査

不動産担保ローン 銀行 審査

不動産担保ローン 銀行 審査 関連記事





審査は甘いと判断 銀行での低金利がベスト


不動産担保ローンは、土地、建物などを担保にして借入をする方法です。
無担保融資と違い、不動産の評価額が融資額に反映され、銀行などでは審査基準を多少下げることが多いです。
ですから、カードローンやフリーローン、ビジネスローンよりも借りやすいです。

使途自由と使途限定
ローンでは、個人と事業資金の目的を別にするローンが多いです。
事業資金として資金調達をしたい時、必ずこの部分は考慮にいれましょう。
ただ、不動産担保ローンの場合、たいてい使途自由です。
というのも、回収の見込みが無担保ローンよりも高い事から、目的については別に問わないことが多いです。
個人で何億という融資額がなく、そのような時は、事業性資金であることを前面に出しますが、何千万円単位の場合、審査内容も基準が下がります。
高額な融資が期待できる不動産担保ローンでは、事業資金調達方法としては最適です。

評価額の7割程度が融資額
審査内容の前に、不動産の価値を知ることが必要でしょう。
評価額については、銀行独自で鑑定士をしますから、路線価などを参考に鑑定士が行います。
その時に、自分が思っている以上に低い評価額であることが多いです。
というのも、リスク回避のため銀行では、借入金額の調整を行うと言います。
従うしかないのですが、きちんと評価額の低さは覚悟した方が良いです。
そして、実際の融資額は7割程度。
1000万円程度の不動産なら700万円が実際借り入れができるとされています。

審査内容
基本的にはカードローンなどと同じですが、事業用となると決算書などが問題になります。
銀行融資と違い、赤字決算書で絶対に審査落ちの可能性は低いですが、収益が上がる期待値はきちんと表明することです。
融資ほど神経質になることはないのですが、経営がうまく行っていない場合は、経営者が連帯保証人になり、信用情報の確認が行われることになります。
それでも無担保ローンとの審査内容は比較にならないほどハードルが低いことが多いです。
言われた書類の用意と、気になるようでしたら、審査基準が甘い人気の不動産担保ローンなどノンバンク系の金融業者も参考にしてみて下さい。
ただその時には、銀行の金利よりたかくなり、返済計画の見直しが必要です。
基準金利は、銀行が低いのは当然ですが、借入額によっても変わります。
変動金利、固定金利などの違いもあり、時勢によって判断が分かれます。
社運をかけた事業資金なら、とりあえず条件の良い不動産担保ローンの選択肢も必要です。
そのときには、金利の高さよりも柔軟審査で、スピード融資のノンバンク系不動産担保ローンが有利です。


▲TOPにもどる



三井住友トラストL&Fの不動産担保ローン


三井住友トラストL&Fの不動産担保ローンは、スピード審査です。
銀行ではなく、三井住友信託銀行100%出資の金融会社で、全国対応で不動産担保ローンを手がけています。
銀行ではないのですが、三井住友のネームバリューから、口コミでも評判が良いです。

審査が柔軟
事業資金として申し込みをしたとき、過去の実績ばかりではなく、不動産の評価額を元に融資額を決めます。
個人でも最大10億円の融資額ができる信頼の会社です。
融資スピードは1週間で融資ができます。
簡易審査で半日で、融資の可能性がわかりますから、事業計画が立てやすいです。

種類が豊富
不動産担保ローンだけでも数種類の用意があります。
不動産売却つなぎローン、収益不動産ローン、短期事業ローンですが、フリーコース、ビジネスコースなどの組み合わせで目的に対応した不動産担保ローンの用意があります。
最初の申し込みのときから、目的に応じた不動産担保ローンにできる事から、多種多用なビジネスシーンの資金の借り方ができます。
まさに、事業性資金調達に関しては、単純な内容ではなく、融資金額の調整もできます。
法人でも個人でも、契約前の資金の相談もできます。

不動産活用ローン
変動金利で上限が7.4%です。
最短1週間の審査で、10億円のまでの限度額です。
保証人は基本的に不要ですが、審査次第では必要な場合も荒れます。
会社の赤字決算書などでは渋い顔をされますが、評価額が高い不動産の場合は融資額を下げての内容になることもあります。
銀行系では、三井住友トラストの内容は少し厳しい部類に入ります。

リボ・オン
審査が甘いビジネスローンです。
不動産活用ローンの審査落ちで勧められるのが、ノンバンク系ビジネスシーン同様の高い金利のリボ・オンです。
上限金利は15%。
2000万円までの限度額で最短3日で審査が完了します。
金利差が大きいだけに柔軟審査で、個人事業主などで思わしくない業績などで、対応しています。
これなら、ノンバンク系の方が良いかもという内容ですが、ネームバリューにこだわるのなら、銀行のビジネスローンのほうがお勧めです。
その後の審査、これからのビジネスローンにも影響ができます。
契約に関しては、経営者の個人信用情報機関なども関係しますが、カードローンほどの厳しさはないものの、金融事故が多い代表者や経営者の銀行のビジネスローンの審査通過は難しいです。
そうなった場合は、ノンバンク系不動産担保ローン専門業者がお勧めでしょう。


▲TOPにもどる



資金調達プロサイトでの不動産担保ローン情報


資金調達プロは、その名の通り資金調達のノウハウ情報が盛りだくさんです。
資金調達では専門知識が多いのですが、人気の不動産担保ローンでは、銀行は東京スター銀行が入るのみです。
あとはノンバンク系の人気が高いようです。

標準金利はさまざま
今や不動産担保ローンの種類は豊富です。
資金調達プロで東京スター銀行がはいっているのは、銀行ですが、不動産に強い金融機関だからです。
他のノンバンク系と比較をしても低金利はもちろんです。
審査が厳しいのも当然ですが、現在の住宅ローン並の低金利でのお得な不動産担保ローンが約束されます。
ただし審査時間が長い、融資実行までも長く、評価額の点で多少厳しい数字らしいです。
そして、全国対応ではなく、関東圏のみという地域限定です。
東京とはいっていますから当然ですが、北海道の事業者では相手にされないということです。

ノンバンク系の審査は比較的甘い
銀鉱並の低金利不動産担保ローンも少なくないです。
特別な優良会社などに対しては、将来の見通しがつく企業に対しては、ギンコ兎より低金利での不動産担保ローンの提供があります。
評価額もしっかり鑑定、個人向けでも対応します。
不動産担保ローンは基本的には、無職でも借入ができるとされていますが、事業者については、会社内容をしっかりと確認をします。
赤字決算などでは詳細な審査が入りますが、基準金利の引き上げなどでの審査通過もあります。
ビジネスローンと違い、担保の評価額が高ければ、金融業者としても自分たちが損をしない程度の柔軟審査が期待できます。
銀行も同じようですが、ノンバンク系の柔さは期待ができます。

資金調達プロが掲げる上位ノンバンク系不動産担保ローン業者は、日宝、つばさコーポレーション、株式会社総合マネージメントサービス、ジェイエフシーなどです。
全国対応もありの金融業者ですが、最近では不動産担保ローンもインターネット申し込みの時代です。
ネットで書類提出までできれば、融資も問題がないのです。

・地元の信用金庫の不動産担保ローン
できれば、中小企業などでは、人気ではなく懇意にしている信用金庫の不動産担保ローンがあればベストです。
土地勘もありますし、経営相談も合わせて行うことができます。
ファクタリングなどでの資金調達ができますが、不動産担保ローンがうまく行けば、返済計画がうまく行けば、無傷の借金となります。
東京スター銀行のような好条件な銀行は少ないですが、足を運んでみて下さい。


▲TOPにもどる



無担保ローンより柔軟審査は期待できる


キャッシングやカードローンもそうですが、銀行の審査はなかなか厳しいです。
金利の低さではノンバンク系では比較にならない程ですが、赤字だから借りたいのに、赤字決算書で審査落ちはなかなか落ち込むことです。

不動産担保ローンの審査
銀行では審査の内容は明かしません。
正確に言えば、銀行ではなく保証会社が確認をしますから、銀行は関係ないと言えばそうなります。
だいたいの内容では、信用情報などですが、会社的に収益が上がりそうもないと感じられた場合、こちらの説明も聞かずに一方的に審査落ちもあります。
人間味のない審査ですが、保証会社では長年申込者をみています。
数字が全ての銀行ですから、審査にはシビアになるのは当然のことです。

銀行審査に通るために
不動産担保ローンはカードローンとは違い、基本的に審査は甘い方です。
信用情報で深刻ブラックではない以外では審査通過もあります。
ただし、固定資産税支払いなど税金関係は必ずキレイにしておくことです。
評価額から融資額が決まりますが、その時に税金が未払いですと、ゼロ、信用を失墜してしまうのです。
会社として持っている、個人所有関係なく、寸前でも税金は完納が絶対です。

会社に赤字に関しては、その理由を述べられることが必要
損益計算書と決算書では、そうなったことの理由と将来の展望が必要です。
ビジネスローンほど詳しいことは必要ないですが、完済できるだけの計画書を持参して下さい。
過去にビジネスローンの申し込みをしているとわかりますが、それほど厳しいものはないです。
ただ、評価額が下げられたり融資額の調整と金利が変動金利であっても、基準となる金利が多少上がることは覚悟して下さい。
それでも借りたいならリスクをかけます、という銀行の抵抗です。
それでも審査は通るのですから、御の字の対応です。

法人・個人無関係
法人だから、個人だからという区別はないです。
評価額がすべてですから、銀行によっては、使途自由がほとんどで何に使おうが、返済できなければ不動産没収の覚悟で審査通過になります。
その点でも柔軟審査が期待できます。
ビジネスローンではなく不動産担保ローンの方が、リスクが小さいのは銀行も同じことで、貸やすさはあります。
ということで言うと、借りやすい不動産担保ローンと言うことがいえます。
それぞれのホームページなどでは詳しい審査落ちの原因がありませんが、保証会社が保証できることが第一です。


▲TOPにもどる



不動産担保ローンとはいっても銀行は厳しい


銀行の不動産担保ローンでは、審査内容の一つに住宅ローンなど抵当権が入っているものはローンが組めないことが多いです。
ノンバンク系の不動産担保ローンでは、第2抵当権もありですが、銀行審査では難しいです。
根抵当権にしている場合はもちろん無理ですが、不動産担保ローンはなかなか茨の道の場合が多いようです。

審査は厳しいようで甘い
銀行の担保ローンは、今に始まったことではなく、カードローン以前からの主力商品でした。
事業融資、ビジネスローンと違い担保があることで、評価額に見合った融資額を設定します。
それが比較的な自由設定になることで標準金利、上限金利も調整できます。
それでもノンバンク系と比較しても、銀行の方が返済額は小さくお得です。
最近では変動金利の対応になっています。

ネットで申し込める
カードローン同様に不動産担保ローンもインターネットでの申し込みができます。
そして、審査も以前は1ヶ月もかかっていたのですが、数週間での回答もありますが、赤字決算などの場合は、時間がかかります。
保証会社の回答がすべてですが、評価額がある程度あれば対応。
信用情報のブラックなどにも対応という柔軟審査は期待しても良いです。
しかし、審査落ちもあります。

審査落ちの原因
評価額が低い、固定資産税の未払い、法人としては資質の低下などです。
要するに、評価額が低いのは致命的であり、事業資金としてするのなら、とてもじゃないけれど返済ができないという規模の借入は難しいでしょう。
確かに、不動産担保ローンにするのは良いですが、すぐに返済不能になったり、先が見える契約には銀行も素直には対応しないです。
個人事業主などでも、身の丈に合う内容の申し込みが審査落ちをしない理由です。

一応銀行でもいろいろ調べますが、大地主だったり、バックボーンが大きければ話は別です。
保証人の存在ですが、不動産担保ローンには保証人は不要ですが、どうしても資金調達が欲しい時には保証人提示で審査に通ることもあります。
しかし、審査落ちになってしまう物件に関しては、ここで借りたとしてもすぐに返済ではないという注意信号でもあります。
これがノンバンク系不動産担保ローンに行けば簡単に借りられるのですが、その判断は自由です。
ノンバンク系に行けば、審査は甘いですが、金利が高い。
しかし、ビジネスローンの契約もできないのなら、最後の頼みの不動産担保ローン・
その心境もわかります。
銀行審査、厳しいと感じられることは多いです。

▲TOPにもどる