住宅ローン 返済中 不動産担保ローン 専門家

住宅ローン 返済中 不動産担保ローン 専門家

住宅ローン 返済中 不動産担保ローン 専門家 関連記事




住宅ローン返済中でも不動産担保ローンに申し込みできる!

お金が必要になり金融機関から借入れをしたいとき、申し込み者が個人ではなく事業者で、対象が法人の事業資金ともなれば、融資額もある程度大きくなってきます。
もし、金融会社の担保になりそうな土地や建物などの不動産物件を所有しているなら、不動産担保ローンの審査を受け、事業費用を用立てるというのも一つの方法です。

不動産担保ローンへの申し込みを決める判断材料として、専門家が運営しているQ&Aのホームページを参考にしてみるといいかもしれません。
一般の人からの相談に対し、弁護士回答が掲載されています。

例えば、一戸建てのマイホームで暮らしている人が住宅ローンを組んで住んでおり、まだ返済中の債務者であった場合、その物件を担保に不動産担保ローンを組むことはできるのかといった質問などがあります。
住宅ローンは銀行に抵当権が設定されているでしょうから、その分不動産担保ローンでの融資額に影響してきます。
ローンに知識の豊富な専門家が解説をしていますので、誰が運営しているかもわからないサイトを見るよりは安心して参考にできるでしょう。

銀行キャッシングや消費者金融カードローンなどで審査落ちし契約できない方でも、保証会社の保証が受けられる方でしたら、不動産担保ローンは担保も連帯保証人も必要ありません。
ご自身でなく親などの名義でなら価値ある不動産があるという場合、親御さんの了承さえあれば不動産担保ローンの申し込みをすることが可能です。

もし必要な資金の期限があり、申し込みをした不動産担保ローンが可決して借り入れできることになったら、金融機関側からお金の受け渡しがされる日(融資実行日)が期日に間に合うかどうか、あらかじめ確認しておいた方が安心です。
不動産担保ローンなら評価額によっては大口融資が可能ですから、希望通り可決されればいろいろな購入資金にあてることができるでしょう。
すでに他社から借金をしていて多重債務になり首が回らないという状況でも、不動産担保ローンは借り換えに利用することができます。

実際に東京スター銀行などの公式ホームページを見てみると、借金の一本化に利用できると紹介されています。
おまとめの他にも自宅マンションのリフォーム代金にあてたり、お子さんの教育資金、結婚資金、相続税、遺産の遺留分の分配にあてる資金などがあげられます。

東京スター銀行の「スター不動産担保ローン」の場合は、事業性資金には利用できません。
他行の金融商品を探してみると、個人融資とは別に、事業者向け不動産担保ローン商品がありますので、目的に応じて選んでください。

利用できる方の条件も、どこの金融機関の不動産担保ローンかなどによって異なりますから、確認した上でマッチしているところに申し込みましょう。
固定金利か変動金利かによって、基準金利が異なります。
金融機関によっては、各金利に対し保証料が別途必要になるかなども確認しておきたいところです。
不動産担保ローンは大口融資が可能で、なおかつ無担保ローンに比べて大幅に低金利ですから、検討してみる価値はあるのではないでしょうか。

▲TOPにもどる



住宅ローン返済中でも不動産担保ローンの契約は可能?

住宅ローンや不動産担保ローンなど、金融機関では使途にあったさまざまなローン商品が扱われています。
使途が自由なカードローンやキャッシングよりも低金利で借り入れができるので、これらの金融商品に契約できれば家計の負担を抑えられます。

生活の中ではさまざまなものの購入資金がかかりますが、複数の種類のローンを並行して利用したい場合、弁護士やファイナンシャルプランナーなどの専門家でないとわからないことも少なくありません。

例えば、住宅ローンを組むことにより夢のマイホームを手に入れた人が、他に大口の融資が必要になった場合、資金を工面するにはどのような方法があるのでしょう。
住宅ローンが完済できるまで30年や35年ローンなど、ほとんど定年に近いくらい長期的なローンを組んでいる方も多いのではないでしょうか。
となると、まだ住宅ローンの返済中でも借り入れが必要になることは大いにありえます。

不動産担保ローンは、所有している土地や建物などの不動産を担保にして融資を受けるローンです。
住宅ローン返済中の物件も担保にすることができれば、マイホームを手放すことなく資金を工面することができます。

不動産担保ローンは決してご本人名義の物件でなくても、親や兄弟、親戚などの第3親等以内の続柄の人が所有している不動産であれば、ご本人の許可をもらうことで担保にすることが可能です。
資産なんてなにもないと思っている方は、このように不動産担保ローンの条件が柔軟であることをご存じない方がほとんどでしょう。

住宅ローンの定義は、これから購入したい自宅の資金を、その物件を担保にすることによって金融機関から借り入れするローンです。 住宅ローンの返済中ということはまだ完全に契約者の所有している不動産とはいえませんから、金融機関が抵当権の設定を行うことで、もし返済の遅延などがあったときの備えにしています。

抵当権が銀行などの金融機関側に設定されていても、土地や建物など物件に住んでいる人がそのまま住み続けることができます。
住宅ローンが残っている場合でも住んでいる自宅を担保に不動産担保ローンを組むことができますが、物件の評価額から住宅ローンの返済残高を差し引いた金額が融資額の目安となります。

あなたがお住まいのマイホームは、不動産担保ローンの審査ではどのくらいの資産価値がつけられるのでしょう。
不動産の評価額は固定資産税を参考に決められています。
固定資産税評価額は、その物件がある市区町村が3年に1回の間隔で決めて発表しています。

固定資産税路線価図はインターネットで検索すれば、専門家でなくても閲覧することができますので、担保にと検討している物件があるエリアを調べてみてはいかがでしょう。
3年に1回見直しされますので、最新のデータを確認してください。
不動産担保ローンで融資される上限額の目安は、評価額から算出された価格の6割〜8割くらいといわれています。

▲TOPにもどる



住宅ローンや不動産担保ローンの抵当権と専門家

住宅ローンや不動産担保ローンを組むとき、専門家である司法書士さんのお世話になります。
これらの担保で借り入れをするローンは、銀行などの金融機関が抵当権というものを設定します。
この抵当権の登記を行うときに、司法書士さんが必要になるのですが、報酬は諸費用として処理するものです。

そもそもこの抵当権とは、どんな権利を意味するのかご存知ですか。
例えば、不動産担保ローンを組むときでしたら、金融機関側は契約者がきちんと返済してくれない場合に備え、リスクも視野に入れています。
貸したお金が返済されなかったとき、担保としていた不動産を売却して借金の返済にあててもいい権利が抵当権です。
不動産担保ローンや住宅ローンを扱う金融機関は担保があるからこそ、通常のカードローンやキャッシングより低金利での融資ができるのですね。

もしお金が返せなかったときに役立つ抵当権は、口約束でも成立することにはなっているのですが、口約束ですと勝手に不動産を売却されてしまい借金を踏み倒されそうになったとき、金融機関は権利の主張ができなくなってしまいます。
そのようなことにならないよう、不動産登記の抵当権設定というものを金融機関は登記所に行います。
この登記の手続きの際に、専門家の司法書士さんの出番となります。

抵当権は永遠に金融機関側に渡るわけではなく、不動産担保ローンや住宅ローンが完済すれば抹消されます。
不動産担保ローンや住宅ローンの申し込みをするときにいろいろ調べていると、抵当権についての項目がでてきます。
住宅ローンの抵当権は第1順位に限定され、不動産担保ローンは第2順位以下でも構わないという文言があります。
第1順位や第2順位とは、どういうことなのでしょう。

抵当権の登記を行うと、登記簿には順位番号という項目があります。
1や2などとあり、その右側に債務者や抵当権者の名前や名称、利息、抵当権が受け付けられた年月日などが記載されています。
金融機関が担保として借金返済にあてるとき、抵当権の順位番号が早い方が回収できなくなるリスクが少なくなります。

抵当権は1人や1カ所に限られる権利ではなく、複数が登記しても構いません。 「債権者平等の原則」というものが民法にあり、融資をしている金融機関や人(債権者)は、回収する権利が平等にあるというものです。

もし、Aさんが所有する3,000万円の評価額の不動産を担保にB銀行から1,500万円の借金をして、次に知人のCさんからも同じ担保で同額のお金を借りたとします。
順番にB銀行が抵当権の第1順位、Cさんが第2順位で登記しました。

Aさんはとうとう借金をどちらにも返せなくなり、担保で返済することになりましたが、当初より不動産価値が下落してしまったので、3,000万円ではなく2,400万円の価値しかありません。

この場合、民法の「債権者平等の原則」に従うと、2,400万円の半分の1,200万円ずつに分配されることになるのですが、そうなるとB銀行は全額回収できず損失を出してしまいます。
抵当権を早い順番で登記していれば、早い順に回収できることになっています。
ですから、抵当権を第1順位で行ったB銀行は1,500万円全額戻ってきて、第2順位のCさんは残りの900万円しか回収できないことになります。

今回は借金の元本だけで計算しましたが、利息分が加算された金額を回収しなければなりませんのでB銀行の取り分はもっと多く、逆にCさんにはもっと少額しか返ってこないことになるでしょう。
多くの金融機関の不動産担保ローンは、第2順位以下でも申し込みができるとあります。
このように性質をよく知ってみると、全額回収できないリスクがあるのに融資してくれるなんて柔軟過ぎる気がします。

▲TOPにもどる



返済中の住宅ローンを担保に不動産担保ローンで可決する可能性

マイホームの購入資金を住宅ローンで調達したら、ほとんどの方の場合ある程度長い期間は返済中の状態が続くでしょう。
場合によってはまだ住宅ローンが完済していない物件でも、不動産担保ローンで融資を受けることができます。

例えば、購入金額が5,000万円のマイホームを担保に不動産担保ローンの申し込みを検討するとします。
マイホームを買ったばかりでもすでに新品ではないことから、不動産価値は買った金額より20%〜30%少なくなります。
この売却金額の相場を担保評価額といい、どこの金融機関も正式な担保評価額は公表していませんが、このマイホームの場合3,500万〜4,000万円の計算になりますので、中間を取って3,750万円としましょう。

不動産担保ローンに住宅ローンが返済中の物件で審査を受けると、担保評価額からローンの残高を差し引いた金額の範囲内で、融資が受けられる可能性があります。
申し込みをした時点で、住宅ローンを500万円返済し終わっているとします。
3,750万円 − (5,000万円 − 500万円) = −750万円
となり、余力にマイナスがでていますので、新たに不動産担保ローンで可決することはできないでしょう。

すでに住宅ローンを半額返済し終えて、残り2,500万円になっているとしたら、
3,750万円 − (5,000万円 − 2,500万円) = 1,250万円
となり、プラスですので余力がありますから、不動産担保ローンで融資を受けられる可能性がでてきます。

ただ、不動産担保ローンの比率(掛目・カケメ)は、どこの金融機関もだいたい7割程度とわれています。 1,250万円 × 0.7 = 875万円
不動産担保ローンで可決した場合に提示される限度額は、875万円くらいになると予想ができます。

正式な担保評価額が公表されていないので目安ではありますが、住宅ローンが返済中の土地や建物を担保に不動産担保ローンに申し込みをする場合、住宅ローンの返済残高が当初の2/3より少なくなったら、審査に通る可能性がでてくるでしょう。
さらに返済を進めていき、元の1/2より借金残高が少なくなったら、不動産担保ローンに可決する可能性がとても高くなります。

不動産の価値は変動しますので、マイホームを購入した時点では高かったのに、例えば地震で耐震強度の問題が発生した、そのエリアの治安が悪化して土地の価値が低下したなど、下落する要因がでてくることもあります。
専門家でないと、判断しづらい要素もあるでしょう。

専門知識のない一般の人があれこれ悩んでいても答えはでません。
住宅ローンの返済残高が2/3を下回ったら、一度実際に不動産担保ローンに申し込みをしてみてはいかがでしょうか。
3カ所申し込みをして審査落ちしたら、まだその土地や建物の担保評価額に対し、返済残高が多かったと判断できます。
もっと返済を進めてから、改めて申し込みをしてみてください。

▲TOPにもどる



住宅ローンが返済中の物件で不動産担保ローンが組めない場合とは

住宅ローンがまだ返済中でも、条件さえ満たしていれば不動産担保ローンに契約することができます。
しかし、審査落ちしてしまう場合もあるのですが、具体的にどのようなときなのでしょうか。

住宅ローンを組んでいる物件ということは、その金融機関が抵当権を設定しているということになります。
不動産担保ローンの多くは第2順位以下でも申し込み条件を満たしているので、住宅ローン返済中の物件でも融資を受けられる可能性がでてきます。

金融会社の中には不動産担保ローンの申し込み資格に、第1順位であることとしているところもないわけではありません。
うっかりそのような金融機関に申し込みをしてしまったら当然審査に通過しませんので、気を付けて確認するようにしてください。

このケースでは不動産担保ローン側に通常とは異なる部分がありましたが、今度は住宅ローン側に変わった要素があるため審査に通らなくなる事例です。
抵当権に似た権利に、「根抵当権」というものがあります。
抵当権は、最初に融資をしたら、以降は返済するのみという契約に対して設定される権利です。

しかし、根抵当権は利用限度額の範囲内で何回でも借り入れや返済ができるという契約に対し設定されます。 カードローンやキャッシングのような感じです。

通常住宅ローンは銀行などが抵当権を設定しますが、中には根抵当権のところもないわけではありません。
根抵当権ですと、いくら返済を進めていってもどんどん追加で借金を作ることができてしまいますから、根抵当権が設定されている土地や建物を担保にする不動産担保ローンはありません。
担保にと考えている物件が根抵当権ではいことを確認してから、不動産担保ローンの申し込みをしましょう。

担保にできると思っていたマイホームの価値が、購入時より下落している場合も不動産担保ローンで可決しにくくなります。
さまざまな要因が考えられますが、例えば建物の手抜き工事が発覚したなどの違法建築によるものは、専門家でないとなかなか気が付くことはできません。

他には、申し込み者が他社から借り入れをしていて返済を長期延滞しているなども、不動産担保ローンを利用できない原因となります。
改善できることは改め、ベストな状態で不動産担保ローンに申し込みをしましょう。

▲TOPにもどる