審査の甘い 不動産担保ローン

審査の甘い 不動産担保ローン

 

 

不動産担保ローンは審査が甘いのか|不動産担保ローンの仕組み

 

不動産担保ローンは、不動産を担保としてローンを組みますので、一般的なカードローンの審査と比べると審査が甘いと思われる方も多いと思います。
不動産担保ローンは審査が甘いのでしょうか、詳しくご紹介していきます。

 

不動産担保ローンの審査基準

不動産担保ローンの審査基準は、この2つとなります。

  • 担保とする不動産の価値
  • 借入れする方の属性

この2つの審査基準となり、不動産の担保を付ける事により多少審査は甘めとなっている傾向はあるようです。
不動産を担保として設定しているので、万が一返済が滞ってしまっても担保とした不動産を売却して残った融資金額にあてれば良いので、貸し倒れリスクは少ないという事となるからです。
その為、確実な担保がある事で大きな信用性となり、属性は二の次での審査対象となる傾向が強いといえます。
過去に事故歴が無く、担保とする不動産と属性に問題が無ければ、審査が通る確率が高くなると言えるのです。

 

不動産を担保とするなら申し込み者の属性は影響しないのか

不動産担保ローンというのは、担保とする不動産をとても重視します。
しかし、申込者の属性ももちろん審査の対象となります。
その理由は、返済は申し込み者のお収入から返済するからです。
不動産担保を前提にしたローンなのですが、主に月々の返済により返済をして成り立っているローンですので、返済能力も問われるという事となります。
当然、無職等の安定した収入が無い方は、審査の対象とならないという事となります。

 

不動産担保ローンの審査が甘いのはどのような金融機関なのか

不動産担保ローンは様々な金融機関で取り扱っておりますが、どのような金融機関が審査に甘めなのでしょうか。
不動産担保ローンは銀行や消費者金融で行っておりますが、中でも一番審査が甘いと言えるのは中小の消費者金融で取り扱っている不動産担保ローンです。
中小の消費者金融の不動産担保ローンの方が審査に甘い理由は、様々な金融機関の中で1番人気が無く知名度も低いからです。
知名度が低い事で顧客の目に止まりにくいので、頑張って融資の幅を広げなければ顧客をゲットする事が出来ませんので、売り上げを上げる事が出来ません。
多くの売上を上げる為には多くの顧客を集めなければいけませんので、自ずと審査基準は下がってしまうという流れとなります。
多少属性や債務状態が良くなくても、中小の消費者金融の不動産担保ローンでしたら審査に通る確率は高くなるといえます。

 

また、中小の消費者金融の中でも、このようなポイントの消費者金融は審査がかなり甘めといえます。

 

金利の上限が高い

金利が高い消費者金融は貸し倒れ率が少ないので、多少属性が良くなくても審査の対象とする事が出来ます。

 

不動産担保ローンしか扱っていない消費者金融

不動産担保ローンを専門に扱っている消費者金融は、多少審査基準を低くしても多くの顧客を集めようとする傾向がありますので、審査のボーダーラインは低いといえます。
不動産担保を多く取り扱っておりますので、独自の手法で担保評価を高くする事も可能であり、甘めの審査でも対応が可能となります。

 

お申し込みから融資まで早い消費者金融

審査のあまり消費者金融は、審査の内容が少ない傾向がありますので、短時間での審査で済みます。
その為、申し込みから融資まで素早い消費者金融は、審査が甘めといえます。
中小消費者金融は申込から融資まで短い時間の金融機関が多く、中には最短即日という驚くような消費者金融もあるようです。

 

事務手数料が高い消費者金融

不動産担保ローンは、担保とする不動産の登録等に手数料がかかります。
その事務手数料が高い消費者金融は、審査が甘めな傾向がございます。
事務手数料が高いと損となってしまう場合もございますが、その分審査はかなり甘めとなる傾向が高いので、検討材料といえます。

 

審査が甘かったという口コミが多い消費者金融

不動産担保ローンの審査が甘かったという口コミが多い消費者金融は、審査が甘い傾向がございます。

 

債務状態が良くない方でも審査に通ったという口コミが多い消費者金融

自己破産や返済遅延等の債務整理等の返済事故があるブラックの方でも審査に通ったという口コミが多い消費者金融は、審査甘めな傾向があります。

 

独自審査を取り入れている

中小消費者金融の中でも、独自審査を取り入れている消費者金融は、審査はかなり甘めとなります。
独自審査は申込者のお客様の状態に似合った審査としますので、多少属性や債務状態が良くなくても審査の対象としてくれる場合が多くございます。
自動審査の場合は一定の属性が無いと落とされてしまいますので、そのような足切りのボーダーラインが無い独自審査というのは顧客に似合った審査となる事間違いありません。

 

返済方法が少ない

審査が甘く誰でも審査の対象になるような金融機関は、返済方法が少ないパターンが多くございます。
多くは引落し返済が無く、ATM支払いや金融機関の口座への振込返済等、ちょっと面倒な場合が大半です。
返済方法が柔軟な場合は、審査があまり甘くないといえます。

 

いかがでしたでしょうか。
不動産担保ローンは不動産という担保がございますので、無担保のフリーローンと比べると審査が甘めな傾向がございます。
特に、中小の消費者金融は審査がかなり甘めですので、多少属性や債務性が良くなくても審査に通る可能性が高いといえます。

審査の甘い 不動産担保ローン記事一覧

審査の甘い不動産担保ローンの審査に通る為の担保不動産の評価

審査の甘い不動産担保ローンでも、担保とする不動産が該当していなければ審査通過とはなりません。どのような不動産担保であれば審査に通りやすいのか、詳しく解説していきます。一般的に使える不動産に評価が付く不動産担保ローンで担保と出来る不動産は、どんな不動産であっても審査の対象となるのかというとそうではあり...

≫続きを読む

審査の甘い不動産担保ローンをご利用する際に目を向けるべきポイント

審査の甘い不動産担保ローンを探す際は、気を付けてほしいポイントがございます。どのようなポイントが重要なのか、詳しくご紹介致します。希望融資金額に似合った金融機関なのか借入れしたいと思っている希望融資金額に似合った金融機関ではないと、審査に通っても必要な費用が足りなく困ってしまいます。不動産担保ローン...

≫続きを読む

審査の甘い不動産担保ローンの審査に通る為に必要な条件とポイント

いくら審査の甘い不動産担保ローンでも、審査に通るべき必要な条件に欠けていれば審査に通る事はありません。どのような条件が審査に通るポイントなのか、詳しくご紹介致します。ほとんどの金融機関でこのような属性を望む不動産担保ローンの場合、ほとんどの金融機関でこのような属性を望みます。年収200万円以上安定し...

≫続きを読む

審査の甘い不動産担保ローンの有効活用方法

不動産担保ローンは大口融資となるので、様々な活用方法で使われているようです。大口融資で不動産担保ローンをご検討されている方は、ご利用されている方の活用方法を参考にしてご利用を検討してみてはどうでしょうか。皆さんが活用されている方法を、ご紹介致します。借り換えローン他社借入れ件数が多い方は、不動産担保...

≫続きを読む