審査の甘い 不動産担保ローン 有効活用方法

審査の甘い不動産担保ローンの有効活用方法

不動産担保ローンは大口融資となるので、様々な活用方法で使われているようです。
大口融資で不動産担保ローンをご検討されている方は、ご利用されている方の活用方法を参考にしてご利用を検討してみてはどうでしょうか。
皆さんが活用されている方法を、ご紹介致します。

 

借り換えローン

他社借入れ件数が多い方は、不動産担保ローンで1つのローンとしてご利用されている方が大変多くいらっしゃいます。
不動産担保ローンは、担保とする不動産によっては大口資金融資となりますので、多くの他社借入れを1本にする事が可能となります。
月に10万円以上もあった返済金額が、月5万円程度の返済額となった事例も多くあります。
不動産担保ローンの融資返済により返済状況が変わり、不動産担保ローンのおかげで楽になったという声も多く挙がっております。
まとめて一気に支払って1本のローンにする事で、金利が低くなり借金返済額が減ったという声も多く挙がっております。
場合によっては、銀行融資返済よりも金利がお安くなる事もございますので、多重債務者には大変注目といえます。

 

事業の運転資金

不動産担保ローンの中には事業性資金の資金使途としてご利用OKの不動産担保ローンもございますので、その場合は事業資金として利用する事も可能となります。
運転資金やつなぎ融資でご利用されている経営者も多くあり、滞っていた事業資金が円滑に回り倒産危機を脱出させたという声も多く挙がっております。
多くの融資金額を得る事が出来るという事は、事業にも大きく反映させる事が可能となるのです。

 

企業の税金の支払い

税率が上がった事で、税金を一度に支払う事が出来ない事業者が増えました。
特に、自営業者や個人事業主の方が支払いが困難になったケースが多く、キャッシングをして支払っている企業は少なくありません。
事業を行っている方の税金は大きいので、支払いは想像以上に大変です。
不動産担保ローンで税金を支払い、残った費用を企業の設備投資や運転資金に回す方も大変多くいらっしゃいます。
事業資金の場合と同様、事業資金として利用OKな不動産担保ローンじゃないと、融資額を使う事は出来ませんので要注意です。

 

新規事業資金として利用

近年は不景気のせいか、新規で事業を立ち上げる方が非常に増えました。
事業を立ち上げる為には様々な資金が必要であり、開業資金として銀行に融資をお願いしても断られたというケースが大変多くございます。
個人的な事業の立ち上げには、銀行側は信用性が低く倒産も視野に入れて判断されてしまい、融資しないケースが多くようです。
そこで、不動産担保ローンでお金を工面し、開業資金としている方も大変多くいらっしゃいます。
また、事業が軌道に乗るまでは運転資金も必要ですので、不動産担保ローンのように大口融資と出来るのは大変便利で助かる存在となるという事なのです。
不動さ担保ローンのおかげで、会社として成り立つ事が出来たという声も多く挙がっております。

 

教育費用や医療費等生活上での資金としてご利用

生活をしていく上では、大きなお金が必要になる事がございます。
この様な場合に、不動産担保ローンをご利用したという声も多く挙がっております。

 

教育費

私立への入学金や、高校大学の教育資金など、教育費というのは想像以上にかかってしまう事があります。
また、子供が多いと一気に教育費がかかってしまう事もあり、大口で融資を受ける事が出来る不動産担保ローンというのは大変助かる存在となります。

 

大きな病気になった際の高額な医療費

病気というのは前触れもなく訪れ、高額な医療費がかかるパターンに直面してしまう事もございます。
高額な医療費に対し、不動産担保ローンは大口の融資となりますので、大変助かります。

 

ご自宅のリフォーム等の建築費用

建物というのは10〜15年の間隔でメンテナンスが必要であり、その際には多くのリフォーム費用がかかってしまいます。
建物は定期的なメンテナンスが必要であり、それを怠ってしまうと寿命の短い建物と化してしまいます。
また、住んでいる家族の年齢層が増す事でバリアフリーも必要となり、住宅のリフォームでも何百万円〜1,000万円等高額なリフォーム費用がかかってしまいます。
このような大きなお金はすぐには用意出来ませんので、不動産担保ローンのような大口融資とはとても助かる存在となるのです。

 

不動産担保ローンは多くの費用が必要な場合ご利用すべきローン

不動産担保ローンは大口融資となりますので、多くの費用が必要な場合は大変適しているローンといえます。
不動産担保ローンというのは大口融資の他に、このようなメリットがございます。

 

低金利

一般的な無担保ローンと比べると、低金利な部分が大きな魅力となります。
多くの費用を融資してもらっても、基準金利が低いので少ない利息で借入れが可能となります。

 

長期融資が可能

融資金額が多くなる事が大半であり、且つ長期融資が可能な部分も大きな魅力といえます。
金融機関にもよりますが、最長で30年や35年の設定の金融機関もございます。
大口融資となっても長期返済になりますので、毎月の返済額は無理なくご利用する事が出来ます。

 

総量規制に該当しない

消費者金融の場合総量規制が該当するので、年収の1/3を超える融資は出来ません。
しかし、不動産担保ローンというのは総量規制は該当せず、消費者金融であっても年収の1/3以上の借入が可能となります。
ご利用者の年収に関わらずご利用出来ますので、金融機関が決定した融資金額をご利用する事が可能となります。
担保とする不動産の価値が高ければ高い程、年収に関係なく多くの資金を得る事が可能となります。

 

いかがでしたでしょうか。
このように、不動産担保ローンというのは様々なご利用方法で皆さん活用されております。
このような融資額の活用方法というのは皆さんが行っている事ではありますが、一般的なカードローンの場合は審査が厳しく審査に通る事が出来ない方も多くいらっしゃるのが現状です。
しかし、不動産担保ローンは担保とする不動産への評価が審査の最優先となり、ご利用者の支払い能力への審査は二の次となります。
少々属性や債務性が良くなくてもご利用出来る可能性がございますので、大口融資が必要な方は是非目を向けてみると良いでしょう。

関連ページ

審査の甘い不動産担保ローンの審査に通る為の担保不動産の評価
審査の甘い不動産担保ローンでも、担保とする不動産が該当していなければ審査通過とはなりません。 どのような不動産担保であれば審査に通りやすいのか、詳しく解説していきます。〇一般的に使える不動産に評価が付く不動産担保ローンで担保と出来る不動産は、どんな不動産であっても審査の対象となるのかというとそうではありません。
審査の甘い不動産担保ローンをご利用する際に目を向けるべきポイント
審査の甘い不動産担保ローンを探す際は、気を付けてほしいポイントがございます。どのようなポイントが重要なのか、詳しくご紹介致します。〇希望融資金額に似合った金融機関なのか.借入れしたいと思っている希望融資金額に似合った金融機関ではないと、審査に通っても必要な費用が足りなく困ってしまいます。
審査の甘い不動産担保ローンの審査に通る為に必要な条件とポイント
いくら審査の甘い不動産担保ローンでも、審査に通るべき必要な条件に欠けていれば審査に通る事はありません。どのような条件が審査に通るポイントなのか、詳しくご紹介致します。〇ほとんどの金融機関でこのような属性を望む不動産担保ローンの場合、ほとんどの金融機関でこのような属性を望みます。