不動産担保ローン 審査基準

不動産担保ローン 審査基準

不動産担保ローン 審査基準 関連記事




不動産担保ローンは審査基準が甘い?

どうしても資金融資が必要になったとき、土地や建物などの物件を所有している方は、一般的なローンよりも不動産担保ローンを検討してみてはいかがでしょう。
不動産担保ローンは金融機関によって個人向けに作3られた融資商品と、個人事業主や法人の経営者を対象とした事業資金向けのものとがあります。

個人が銀行カードローンや消費者金融キャッシングで借り入れをする場合と比べて不動産3保ローンは低い金利で、しかも大口の融資額ができる可能性があることから、もし担保にできる物件をお持ちでしたら利用された方がお得です。
銀行やノンバンクの不動産担保ローンの申込条件や必要書類などの契約に関する商品概要情報は、インターネットの公式サイトでどなたでも確認することができますから、ぜひ参考にしてみてください。

審査基準は金融機関によってさまざまで、公に知らされていませんが、不動産担保ローンで確認されるポイントはほぼ同じだといわれています。
担保として提示された不動産の評価額と、申し込みをした個人や法人、事業者に十分な返済能力があるかの2点が審査されます。
すでに他社借入がある場合は返済状況を確認し、資金融資を行うか、可決するならその融資金額はいくらにするかなどが決まっていきます。

ご本人の返済能力の有無を判断するとき、職業や収入額、勤続年数などをベースとして、借り入れした総額を完済できそうか審査されます。 不動産担保ローンは大口融資になる可能性がありますので、全額を返済するとなると勤続年数が長く、安定して支払いを続けられそうな人であることなどが求められます。

不動産担保ローンの申し込み時にいくらの融資額を希望するかを申告しますが、全額可決できるか一部になるか、それとも全く通らずに審査落ちしてしまうかは不動産の評価額も高さも大きなポイントです。
融資額の目安としては、算出された評価額の70%くらいとされています。

不動産担保ローンは審査基準が甘いといわれていますが、実際のところはどうなのでしょう。
金融機関側が審査基準を設けているのが、貸し付けをしたお金がきちんと返済してもらうことが目的です。
ご本人の信用にたいして融資を行うカードローンやキャッシングと比べれば、不動産という担保がある契約の方が、もし返済を遅延されたり夜逃げでもされたとしても、貸し倒れになって損失を生むリスクが少ない金融商品です。
そのため、カードローンなど別の融資商品と比較すれば、多少は審査が甘くなっても低リスクで契約ができます。

貸し倒れリスクが少ないということは、貸し付けをする側にもメリットがある商品となります。
楽天銀行、東京スター銀行、住信SBIネット銀行、オリックス銀行などの人気金融機関で扱われており、多くの個人向け不動産担保ローンでは事業資金を除いて使途は自由とされていますので、幅広い用途に利用することができます。


▲TOPにもどる



使途の審査基準で迷ったら不動産担保ローンに問い合わせよう

不動産担保ローンによっては事業資金として利用することができず、別途事業者向け商品が設けられているところがあります。
どのような資金に利用してもOKなのか審査基準の判断がつかないときには、金融機関に直接問い合わせみた方が早いですし確実です。

さまざまな事例をネットで検索してみたところ、例えば個人投資家の方がFXや株などの投資資金が足りないとお困りの方は、不動産担保ローンで借り入れができたとありました。
銀行かノンバンクかによって、もし不動産担保ローンに可決できたとしても、融資実行日まで1カ月近く待たされるところがありますから気を付けてください。
期限付きでお金が必要になるときは、直接確認した方が安心できます。

いくら担保として評価できる不動産を所有している人でも、返済負担率が低い申し込み者に対しては貸し付けされません。
返済負担率とは、申し込み者の収入と借金の返済金額の割合を示す数字です。
返済負担率の算出方法は、
返済金額 ÷ 収入 = 返済負担率
で出すことができます。

これから申し込みをする不動産担保ローンの希望融資額と、ご自身の収入から返済負担率を計算してみましょう。
例えば、月収が25万円で、月々の返済額(他社から借り入れがあれば、不動産担保ローンが利用できた場合の金額との合計額)が5万円の方の場合は、
5万円 ÷ 25万円 = 20%
返済負担率は20%となります。

不動産担保ローンを扱っている金融機関によって審査基準は異なりますが、目安を参考にしてみてください。
返済負担率が100%〜50%の方は、まず不動産担保ローンに可決する可能性はありません。
50%〜30%の方は、多少は審査に通過できることも期待できます。
30%〜0%の方は、高い確率で審査に通過できそうです。

月収25万円のこの申し込み者の返済負担率が、もし75%だったとします。 75%という割合では、上記でご紹介した目安から判断すると、まず可決できないほどの高い数字です。
25万円 × 75% = 18万7,500円
18万7,500円ものお金を、毎月借金の返済にあてなくてはならないことになってしまいます。

ここまで返済の負担が大きいと円滑に支払われなくなることは目に見えていますから、不動産担保ローンの審査には可決しないことが予想されます。
このように実際に計算をしてみると、各金融機関で異なる返済負担率の目安とはいっても、生活できるかを考えれば納得ができる数字ではないでしょうか。

また、不動産担保ローンの審査基準を満たしているかの判断材料として、他社からの借り入れで延滞などの金融事故を起こしていることも審査落ちにつながります。
ご自身でうっかり支払いを忘れている借金がなかったかなど確認する手段として、その場合に登録されるCICなどの個人信用情報機関にデータを見させてもらう方法があります。

5年や10年など一定の期間が過ぎていれば抹消されますが、直近2年間分の入金状況などが表になっています。
金融会社は金融商品に申し込みがあると、貸し付けをしても貸し倒れになるリスクがないか審査するために、個人信用情報機関のデータベースを閲覧できることになっています。
どのような情報を見て審査されているのかお知りになりたければ、直接信用情報機関に申し込みをしてみてください。


▲TOPにもどる



銀行の不動産担保ローンは低金利だが審査基準が厳しめ

不動産担保ローンにも、消費者金融や銀行融資があります。
不動産担保ローンは無担保ローンとは異なり、もし利用者が返済をしなくなっても売却すれば貸し倒れが防げるため、低金利での融資が可能になっています。

金融機関によって融資額はさまざまですが、中には最高1億円などというかなりの大口融資もできますから、金利が低いのも納得できます。
無担保ローンでも消費者金融より銀行の方が金利が低いのというメリットがありますが、それは不動産担保ローンでもやはり変わりません。

消費者金融の不動産担保ローンの上限金利はだいたい7%前後〜15%ですが、銀行は9%くらい〜9%台です。
ある年の月のオリックス銀行不動産担保ローンは、上限金利が6.98%という低さをたたき出していました。
不動産担保ローンは融資額がとても大口なので、多くの方に上限金利にほぼ近い金利が適用されます。
チェックすべきなのは、上限金利だけでもいいくらいかもしれません。

消費者金融と銀行の不動産担保ローンの公式ホームページを見てみると、融資条件がたった1行などのため審査基準がシンプルです。
しかし、銀行は同じ不動産担保ローンとは思えないくらい、あれこれ項目が書かれています。

銀行によって審査基準は異なり、楽天銀行や東京スター銀行などの金融機関では事業資金を除いて使途は自由です。
その一方で、オリックス銀行は生活資金や事業資金に使用することは認められておらず、相続資金、土地や建物などの物件購入資金などと決まっています。

実際に使用したことを証明できるように株式の評価証明書、遺産分割協議書、領収書、請求書、契約書、見積書などの確認が行われます。 オリックス銀行の不動産担保ローンの審査基準ほど厳しくないとはいえ、多くの銀行も自営業者や個人事業主、法人の経営者が事業性資金として使用することを認めていません。

それには理由があります。
そもそも銀行では事業融資を行っていて、不動産を担保にした貸し付けをしています。
そのため、新規で不動産担保ローンを事業向けに立ち上げなくても、別に既存の融資商品が確立されているのです。

ですから、銀行は不動産を担保にした融資を事業性資金向けに行わない方針だというわけではなく、むしろ前々からありますので、そちらの申し込みをすればいいことになります。
会社経営者や個人事業主をしていれば、現金がなくなって資金繰りが困難になる資金ショートになることもときにはあるでしょう。

話はついていていても、実際に振り込みが行われる融資実行日まではまだまだ先のことで、入金されないことあります。
ファクタリングで資金調達をするなど、いざというときの方法を備えておくことは非常に重要です。
まだ融資の必要がないうちから、不動産担保ローンはどこの金融機関が有利かなどリサーチしておけば、必要になったときにベストな選択ができるはずです。


▲TOPにもどる



不動産担保ローンによって審査基準が厳しい

金融機関によって、不動産担保ローンの審査基準はとても厳しく制限されたものになっています。
審査を受ける前の段階から、申し込み資格さえ得られない方も少なくないでしょう。

例えば、オリックス銀行不動産担保ローンの場合、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の首都圏、和歌山県・奈良県・兵庫県・大阪府・京都府・滋賀県の近畿圏、福岡市、名古市にある不動産しか契約することができません。
さらに、一戸建て物件なら敷地の面積が少なくとも60m2より広くなくてはなりませんし、区分所有建物であるマンションは、40m2以上の専有面積を誇る物件であることが求められます。

まだ他にもあるのですが、その中に担保とする物件について、オリックス銀行が抵当権の第1順位になるよう設定することというものがあります。
第2順位より下になる不動産に対しては、検討の余地がある物件もあるものの、原則は第1順位だということです。

オリックス銀行は第1順位でないと融資が難しいとしっかり公表していますが、別の銀行などでも、実際には第2順位以降の物件で審査に通ってないところも少なくないそうです。

そもそも不動産担保ローンの抵当権という言葉をご存知でしょうか。
第1順位など数字がつくのは、どういうことなのでしょう。
抵当権とは、不動産を担保に貸し付けをした金融機関が損をしないための備えです。
返済されなかった場合、融資をした銀行に抵当権を設定しておくことで、その不動産を売却した金額で補てんすれば、貸し倒れするリスクを防げます。

抵当権は一つの不動産に対し一人や一金融機関などだけでなく、複数に設定することができます。 民法には権利能力平等の原則がありますので、もし借金をしている不動産の所有者が返済不可能になった場合、抵当権が設定されている全員で平等に分配することになります。

ただ、そうなってしまうと、先に抵当権を設定したものが当初見込んでいたように全額を補えなくなってしまう危険性がでてきてしまいます。
そうなることを防ぐために、第1順位、第2順位と早く設定した順番に番号を割り振り、早い方から返済の補てんにあてられるようになっています。
そのため、不動産価値は変動しますが、第1順位なら全額回収できやすくなります。

例えば、住宅ローンで建てたマイホームは、その金融機関がすでに抵当権を設定していますので、不動産担保ローンを組むなら順位以降になってしまいます。
消費者金融の不動産担保ローンは「抵当権の順位は問いません」といった文言が書かれていますので、住宅ローンを組んでいる物件でも申し込みができます。

ご自身が不動産を所有していないとしても、親御さんやご兄弟などが持っていればOKです。
その場合、申し込みの前に不動産所得者に許可が取れていることが必要です。

▲TOPにもどる



不動産担保ローンに関するサイト

不動産担保ローンに関する情報を扱ったサイトを探してみると、いろいろ見つけることができます。
例えば、お金をどのように準備したらいいのか困ったときに便利なサイト「資金調達プロ」は、不動産担保ローンに関して取り上げています。

資金調達プロによれば、不動産担保ローンを利用するメリットは金利が低いこと、大口の融資が可決しやすいことなどを紹介しています。
住宅ローンの物件と同様で、担保にした物件に住み続けられるのもメリットといえるとしています。
連帯保証人は原則不要なので、周囲の人に負担をかける心配がありません。

株式会社総合マネージメントは、不動産担保ローンのお世話をしてくれるところであり、不動産担保ローンの融資などもされています。
資産を活用した不動産担保ローンをしたいときは、株式会社総合マネージメントの公式ホームページに無料査定申込があります。

不動産担保ローンは、さまざまな用途に用いることができます。
住まいの増築、お子さんの教育資金、親御さんの介護費の支払い、入院や最新治療など、継続的お金がかかり続けることは、不動産担保ローンのような支出は、大口融資ができるとありがたいのではないでしょうか。

担保ローンについてサイトで情報収集していると専門用語がでてきますが、その中の1つに「掛け目(カケメ)」という言葉があります。
リスクを回避するためにかける割合をかけますが、不動産担保ローンの掛け目の相場は7割です。
ちなみに、売掛債権担保は掛け目8〜9割、有価証券担保は掛け目9割、預金担保は掛け目10割となります。
資金化されやすい担保ほど、掛け目の数字が大きくなります。

こうして見てみると不動産という担保が最も低い数字ですが、これは月日が経つにつれて劣化することが避けられないためです。 また、価値を評価した当初の評価額がいつまでもキープされるわけではなく、タイミングによっては誰も買おうとしなくなるリスクがあります。

掛け目7割は銀行不動産担保ローンの相場で、消費者金融の中には10割のところもありますから、有利さで選びたい場合はチェックしてみてはいかがでしょう。
10割を可能にしている消費者金融は、不動産担保ローンを専門に扱う会社です。銀行とは異なり、その多くが不動産の売買も手掛けています。
売却を自社が行うため、より確実性の高い担保評価であることを可能にしています。
通常ですと、不動産の売買時に発生する手数料の6%を節約でき、その分は掛け目を少なくすることができるというわけです。

土地の評価は、3年に1度更新される、市町村が発表する固定資産税評価額で評価されます。
建物の評価は、再び同一の物件を建設する場合に発生すると見込まれるコストを基準とします。
固定資産税評価額はその土地があるエリアでホームページにより閲覧できるようになっていますから、参考にしてみてはいかがでしょう。

▲TOPにもどる