不動産担保ローン 審査機関

不動産担保ローン 審査機関

不動産担保ローン 審査機関 関連記事





ノンバンク系は審査が早い


スピード審査、即日融資も可能。
不動産担保ローンでもカードローン同様にこうした宣伝をしているところは多いです。
信頼出来る金融業者ですが、審査時間が数分と言うのは本当でしょうか?

コンピューターで行う審査
不動産担保ローンの審査はすぐにできます。
ただし、数分で出るのは仮審査であり、提出書類の確認をしてから本審査になります。
ちなみに、このスピード審査は、不動産担保ローン専門業者です。
銀行の話ではないです。
銀行は1ヶ月以上の審査時間は当たり前です。
コンピュータでできる審査の内容は限定的です。
契約実行までではなく、たいてい申込者の信用情報や不動産の位置関係などです。
評価額などについては、この仮審査を通ってからの話です。
カードローンのように無担保ではないので、担保の確認は絶対で、即日融資に関して保証はないです。

ハイスピードでも3日はかかる
融資までは手続きがありますから3日程度はかかるでしょう。
最初の審査では、借入の可能性があるという審査結果です。
保証会社の保証も受けられ、融資ができるようですというのが数時間で結果が出ます。
カードローンですと、融資額◯円と出ますが、不動産担保ローンでは物件の評価額があり。その金融機関での審査で、返済能力の差で融資額も左右すると言います。
ですから、3日で融資と言うのはものすごく早い方です。
たいていは10日前後はかかることでしょう。

ノンバンク系はスピード重視
不動産担保ローンの契約は金融業者にとってもリスクはありますが、返済期間が長いことで確実な収益が上がる商品です。
銀行は何の審査の時間をかけますが、そんな銀行をよそ目にノンバンク系の金融業者ではすぐに審査をする体制に入ります。
コンピュータを駆使すると同時に、ネットワークでつながる担当地域の物件の調査に行きます。
情報があるとだいたいの評価額と融資額の目安が付くことで、審査も早いのです。
信用情報、固定資産税の支払いなどで問題がないのであれば、融資も早くなります。

ビジネスには有効
このスピード感は、事業性資金の資金調達方法としてはとっておきです。
ビジネスローンと違い、多額で安定した融資を受けることができます。
無担保ではない不安定なものではなく、不動産担保が大きな鍵を握ります。
会社にとっては、審査時間が早いほど、資金として使いたいのですが、銀行と比較しても金利面では妥協です。
儲けが関係する場合は、その高い金利も経費の一部ですが、できれば銀行のゆっくり審査時間での融資ができるよう事前準備ができれば良いでしょう。
借りたい資金として、ビジネスローン以外に不動産担保ローンの用意をしておくのもありです。
審査のスピードと金利の高さは比例してしまうようです。


▲TOPにもどる



不動産担保ローンなら東京スター銀行


大好評の東京スター銀行の不動産担保ローンですが、1週間ほどの審査時間がかかり、契約は窓口になります。
ということは地域限定ですが、最低0%台、最高でも10%以下の不動産担保ローンは魅力です。
また、窓口ではまとめローンの相談ができ、多重債務者解消のためのアドバイスもあります。
大手消費者金融などの多重債務で、ここで不動産担保ローンで新規ではなく、まとめローンにするというのならも審査内容も変わります。
1%でも低いローンの借り換えは、魅力です。
申込みをして早ければ1週間の審査時間、東京スター銀行はおすすめです。

審査条件年収200万円以下はNG
もともと銀行カードローンでも総量規制はないのですが、200万円以上の収入確保が必要です。
働き方としてパートでもアルバイトでもOKです。
限度額が1億円というものですが、1億円の不動産担保ローンで年収200万円の方の審査は通らないのですが。
最低年収の規定がありますが、消費者金融でいう総量規制対象外であり、比較的審査は通りやすいです。
それよりも、年齢制限です。
20歳以上は当然ですが、完済時84歳が規定です。
金額が大きい不動産担保ローンの場合、20年程度の返済期間はほしいところです。
そこで、年齢が高くなると完済できないこともあります。
年齢と年収に関しては、申込基準がありますから、気をつけて下さい。

不動産担保ローンは必ず2年以上で返して
東京スター銀行の不動産担保ローンは、2年以上のローンが原則です。
最長は20年間ですが、1年未満の完済はできません。
これはローンが大切な収益になるからです。
東京スター銀行ほど低金利ですとある程度の期間返済をしてくれないと、利益が出ないのです。
手数料として、契約時に11万円ほどかかりますが、あとは2年間は返済をして下さいと言うものです。
物件によっては、そんなに借りられなかったし、すぐに返済したいといっても断られるのです。

東京スター銀行の人気
低金利と手軽な申込み。
ネット銀行としても人気ですが、リバースモーゲージや不動産担保ローンなどは価値の高い商品開発をしています。
住宅ローンなどもお得になっていて。もしお住いの地域で、東京スター銀行が利用出来るのなら、不動産担保ローンはおすすめです。
1週間程度で結果がわかり、低金利での借入ができます。
多重債務のまとめローンなどには最適だと思うのですが、きちんと相談にも対応してくれますし、質問や問合せは大歓迎です。
ネット銀行の中でも評判が良いです。


▲TOPにもどる



不動産担保ローン 審査時間は10日程度?


不動産担保ローンの審査時間にあまり時間がかからないのは、差し出された不動産周辺の事情がわかる専門スタッフが存在しているからです。
それが自社であったり提携先の保証会社などで、適切に対応します。
最初の審査でたいてい3日前後も契約締結まで1週間から10日というのが標準的です。
最近は銀行でもこのスピード感があります。

物件と個人情報
銀行カードローンなどは、個人情報として申込時の情報と信用情報だけです。
不動産担保ローンではそれに物件情報が加わります。
評価額から融資額の決定をするまでにも時間がかかりますが、個人情報とのジャッジも深く関係します。
返済能力が高い方、信用情報で金融事故がない方は文句なくOKです。
多少のブラックでも、物件の価値が高くてもOKの場合があります。
反対に、この担保価値はないな、返済能力もあるけれど、貸せないなども審査があります。
具体的な内容の公表はありませんが、信用情報で問題がないと、別のローンのお勧めがあるなど、金融業者としてもしたたかです。
反対に信用情報で信用がないと、物件の担保価値がたかくても当然審査落ちです。
そんな討論が数日かかるのですが、内容としてはたいしたことではなく、業務が多忙ではない限り1週間程度の審査時間日がほとんどです。

事前に業者は見つけておく
現在、インターネットで不動産担保ローンができる金融業者はたくさん検索できます。
銀行は当然ですが、全国対応の業者も多く、インターネット申込みも当然です。
データを入れるだけで全国各地の評価額から融資額の算定が出ます。
提出書類などは郵送でよく、まずは仮審査です。
申込みからすぐに回答が出るところも多く、審査時間は時短の時代です。
借りたい当日慌てないよう、不動産担保ローン業者は検索しておくことをお勧めです。
正規金融業者が多いですが、違法業者も少なくないです。
そして、不動産担保ローンという大金をう使うところですから、ノンバンク系で大きい、有名な企業の利用がお勧めです。
長年営業している、多くの信頼を得ている日本保証、日宝などです。
消費者金融や中小消費者金融でも扱っていますが、こちらは金利が高いことが多いです。

しかし、本来は銀行がベストです。
信用情報に問題がない、自信がある方は、大手の銀行、地銀やネット銀行の申込みが良いでしょう。
地元以外でもインターネットの申込みで全国対応のところも多いです。
カードローン同様の申込みができて手軽です。


▲TOPにもどる



事業性資金にもお勧め 最近は審査も早い


不動産担保ローンでは、個人と事業性資金として2つの使途があります。
どちらも自由の場合もありますが、制限があることも。

個人事業主の不動産担保ローン
カードローン審査でも何かと不利な個人事業主。
まとまった資金がほしいのなら不動産担保ローンがお勧めです。
収入ゼロでも対応の不動産担保ローンがあり、金利も一桁が多いです。
個人事業主の申込みでも20歳以上であり。あまり高齢ではない(返済期間が長い)ことを条件で、事業としての資金調達方法としては最適です。
返済額の調整は返済期間との兼ね合いで行うとして、高い金利のカードローンより、不動産があれば、不動産担保ローンがおすすめです。
自分の不動産ではなく、承認を受けた不動産なら担保物件になります。
鑑定後、評価額から融資額が決まる流れですが、個人事業主の事業性資金作りとしては良い方法です。

会社でも有利
抵当が入っている場合でも不動産担保ローンが出来ることはありますが、根抵当権については問合せて下さい。
融資可能額が出れば、事業者としては、ファクタリングなどがない事業で不動産担保ローンのキャッシュフローは一つの方法です。
標準金利が低いほどよいのですが、ビジネスローンと比較をしても低金利が魅力です。
ただし、銀行ですと同じ程度です。
ノンバンク系は高いと言いますが、評判の良い低金利の不動産担保ローン専門業者も多いです。
事業性資金に用途としてある場合、資金つくりには最適です。

ネット銀行の不動産担保ローン
楽天銀行、住信SBIネット銀行などのネット銀行の不動産担保ローンもお得です。
東京スター銀行などはおなじみですが、各銀行でも今ではインターネットからの申込みが主流です。
銀行系はやはり金利が低く使いやすいです。
審査時間にしても1週間から10日が多く、前は1ヶ月程度はかかっていたようですが、最近は早いみたいです。
運転資金に、つなぎ資金としても、担保価値の高い不動産なら、是非検討してみて下さい。
資金調達方法はいくつもある方が安定します。

比較的審査は甘い
カードローンと比較してということですが、担保価値が高いものですと、多少の金融事故があったとしても、別に返済能力が認められたとしたら、審査通過の可能性は大きいです。
ただし、内容がひどい信用情報、滞納や延滞状態の申込み、固定資産税の未払いなどは文句なく審査落ちになる可能性がとても高いです。
利用者の返済能力ありきで担保価値が高いと、最高の契約ができます。


▲TOPにもどる



消費者金融の不動産担保ローンはどう?


不動産担保ローンの審査時間と内容はあまり関係ないといいます。
長くかかっているから審査落ちではないということです。
コンピュータで行う審査ですと大差なく、あとは社内の業務の関係です。
審査時間と審査落ちには何の因果関係もないです。

消費者金融の不動産担保ローンはどう?
カードローンだけではなく、不動産担保ローンも扱う消費者金融は多いです。
銀行、専門業者と比較をして金利は高いですが、自社のカードローンよりは数%低い程度です。
限度額が低いのも特徴であり、銀行カードローンと変わらない内容が多いです。
いいか悪いかというよりは、審査はとても早いです。
カードローンで培ったノウハウで審査は早い、利用者も審査が早いので審査落ち後の対応もあわてないで済むということです。
融資会社ではなく消費者金融がポイントですが、カードローンを申込よりは金利などもお得です。

審査の甘い中小消費者金融
中小消費者金融も不動産担保ローンが設定されています。
金利が高いですが、審査内容で相当ブラック対応であり、審査時間はあまりかかりません。
ただ、20%に近い不動産担保ローンで1000万円の借入となると、いくら返済?という世界です。
住信SBIネット銀行や東京スター銀行のような内容ではないため、安易な中小消費者金融の不動産担保ローンはお勧めしないです。
少しだけ10万円程度なら?
これも手数料だけで10万も行くので高上りなローンです。

高い金利、不動産担保ローンでは考えもの
カードローンとは違い、不動産担保ローンは金額も大きく、手数料がかかります。
元々が低い金利がウリの不動産担保ローンですから、中小消費者金融の高い金利などは最初から考えないことです。
会社などで運転資金として大きく収益が出るための不動産担保ローンなら良いのですが、個人の不動産担保ローンの使い方として、高い金利、中小消費者金融の存在はないでしょう。
登記費用などはかなりかかりますし、繰り上げ手数料などがとても高いなど、中小消費者金融はなかなかのものです。

また、最近は不動産担保ローン金融業者を装うヤミ金、違法業者も続出しています。
しても有利な条件で誘うことが多いのです。
申し込みをしたあとで、不動産が売却されてしまい、現金が手に入らないなども被害が多いです。
銀行以外で、名前の知らない業者に依頼をする場合は、事前に口コミサイトや情報サイトで確認をして下さい。
優良業者の情報は多く、口コミも多数あり、評価されています。

▲TOPにもどる